会社概要


企業理念

みんなが笑える時代をつくる

会社概要

会社名 株式会社笑い総研
設立 2016年4月15日
所在地 兵庫県西宮市南越木岩町2-27-304
役員 代表取締役社長 大久保 信克
事業内容 ラフターヨガ・ジブリッシュによる講座、企業研修/各種イベントの企画・運営/メディア事業/音楽配信事業
連絡先 info@warai-souken.co.jp

代表挨拶

2016年4月15日、株式会社笑い総研を設立しました。
私の平和のイメージは「みんなが笑っている状態」です。世界の70億人が「はっはっはっはっ」と、一斉に笑っています。
笑うときは、つくり笑いでOK!とにかくお腹から「はっはっはっ」と、同じ音で息を吐きます。つまりそれは、息を合わせるということ。
息を合わせたら、自然と仲良くなります。だから、一緒に笑うと、すぐに仲良くなります。そして、周りにつられて段々楽しくなってきます。
一人、また一人と、一緒に笑える人が増えていく。そして、気がついたら70億人で一斉に笑っている。
年越しのカウントダウンの時にでも、年に1回でもいいから、いつかそんな日、そんな時代が来ることを夢見ています。
笑うことは、誰でもできて、誰でもしたことがあって、お金も一切かかりません。
心身ともに健康になるため、予防医療としても時代が求めています。
しかも、脳内に幸福ホルモンが大量分泌して、とってもしあわせな気持ちになります。
Shall we laugh?

代表取締役 大久保信克


大久保信克の略歴

Laughter Yoga International University認定ラフターヨガマスタートレーナー、ラフターアンバサダー
株式会社笑い総研代表取締役社長

ラフターヨガ(笑いヨガ)歴9年目の世界でも珍しい若手のベテラン。
学生時代から笑いの研究を行い、当時全国最年少の20歳でラフターヨガリーダー資格を取得。

2011年 株式会社 沖縄教育出版入社。「日本でいちばん楽しくて長い朝礼」にラフターヨガを導入したところ反響を呼び、社内外で講師を務める。
2014年 インドでラフターヨガ創設者のマダン・カタリア博士から、口から出まかせの言葉を話す“ジブリッシュ”の才能を見出され、翌年独立。
2016年2月 月世界で初めて、ジブリッシュをテーマに、世界のプレゼンテー ションTEDxに登壇(TEDxyouth@KOBE)。
同年4月 株式会社笑い総研設立。「みんなが笑える時代をつくる」 を理念に、ストレス社会で悩む人々に対して、一瞬で思考を止め、
抑圧感情を出せるツールとしてジブリッシュを笑いと共に普及している。
2017年1月 Laughter Yoga International Universityより、世界最年少のラフターヨガマスタートレーナーに認定(現在世界で約50名)。
最も人気のラフターヨガリーダー養成講座は、現在までに20回以上開催し、述べ150名以上のラフターヨガリーダーを養成している。

「人に根付く、組織に根付く」がモットー。「いかに人生に笑いを取り入れるか」をテーマにしたセミナーや研修は、実践率の高さが評判。
笑いの効果を、セミナー開催時に体感できるのはもちろん、セミナー後の日常で生かせるコツが満載。
自ら生活に笑いを取り入れ、精神的・肉体的な変化を体感した喜びの声が数多く寄せられている。


研修、講演実績

東京海上日動グループ 未来塾、社会福祉法人合掌苑、中小企業基盤整備機構 Tip*s 、ゴールドトラスト株式会社、
石坂産業株式会社、株式会社レイライン、かがやき歯科クリニック、神戸市社会福祉協議会、日本笑い学会四国支部研究会、
その他企業、大学含む教育機関、TEDx youth@KOBEなど多数。