コンテンツブロック「ノビー大久保 プロフィール」のプレビュー

ノビー大久保

株式会社笑い総研 代表
元衆議院議員秘書、ストレスマネジメントの専門家

18歳の時に「人がしあわせなとき、そこには必ず笑顔ある」と気づき、笑いの研究を始める。衆議院議員秘書時代、インドの聖地で「君は100%の時間を笑いに注ぐべきだ」と天啓があり出馬を辞退。「笑い」の講師として独立する。現在は、「自ら笑えるメンタリティ」が心身の健康、人間性、よりよい社会づくりにつながると信じ、全国各地で講演や研修を行う。最近は「わらいの電話」も立ち上げ、”笑い”を社会に活かす取り組みを続ける。