笑いと涙のジブプロ4期

4月24日、25日は、ジブプロ第4期でした。
今回のメンバーは、様々な困難を乗り越えてこられた方々ばかり。

「今回はまた意味の深い会になりそうだ・・・」

参加者さんの存在によって自分も引き出されるため、自分自身にとっても試される場となりました。

 

とはいえ、やることが大きく変わることはありません。
こちらはジブリッシュの奥にある本質をわかちあえるように場づくりを行うだけです。

回によって変わるといったら、参加者さん自身が発せられる気付き。
こればかりはコントロールできませんし、する必要もありません。

ところが、毎度毎度、この「気付きのシェア」が講座のクオリティを高めてくれます。
意味のないことや、意味のない言葉を扱うからこそ、どう言葉で表現するかが鍵になります。

 

そして、その気付きによって、場の方向性、雰囲気も変わるため、毎度毎度LIVEの臨場感があります。
どうその言葉を生かしていくか、その流れを生かしていくか、その言葉に対して、どんな言葉をこちらも発していくかが試されます。

マニュアル化するという方法もあります。
実際、ジブプロの中でも、そうした方がいい箇所もありますし、一部はしています。

ただ、マニュアル化に偏りすぎると、人間性は失われていきます。
ロボット化、画一化、これは自分の感性を使う場面がどうしても減ってしまいます。

しかし、ジブリッシュの世界というのは、感性の世界です。
マニュアル化することそのものに矛盾も生じるというか、そんな感覚を抱くこともあります。

と、そんなことを考えながら、毎回毎回その時の流れを生かしながらやってきたのでした。

 

さて。

では、今回はどうだったかというと、

涙が滲む、涙が出るほど笑える、そんなふうに胸が熱くなる2日間となりました。

皆様の最後の感想を紹介させていただきます。

 

第4期 チェックアウト時の感想(二日間を終えて、今感じること)  2021.4.25

Kさん

よかったぁー、ジブリッシュよかったぁというのが今、起きていること。
わからない、モヤモヤ、何だよこれってで終わらせていたら、すごく寂しい人生になっていたと思う。
今は豊かな人生という感覚で、二日間を手にできて幸せです。

 

Aさん

地球上、宇宙上のいろいろな生物に使えるハッピー・ジブライフをこれから楽しみます。
ありがとうございます。

 

Tさんさん

(ふだんは)頭の中でいろいろ考えるんですが、今日はワークの最後にあきちゃんのリクエストで、ジブリッシュで歌を歌った。二人でふる里を歌い、次にあきちゃんが歌い、私がひとりで好きな歌(曲名は忘れたが)を歌った。歌い出したらものすごく、理屈抜きでわぁーと楽しかった。好きな歌や洋楽がたくさんありますが、今までは歌詞を全然理解しないので、英語だと歌わない歌えない。ところがジブリッシュだと、どんな難しい英語でもメロディーはいっぱい入っていますから、もう好きなように歌えます。歌い終えた時、もうやったぁーとものすごく体中が喜びました。やはり頭で覚えるんじゃなくて、身体で感じるものだとつくづく思いました。

また、画面の表示がうまくできなかったことで、お互いの顔を見て話しをして聞いてがコミュニケーションには必要だと思う。言葉でコミュニケーションとれるのはわずかで、8割前後が非言語からとるといわれ、顔が映らないコミュニケーションをしてそう改めて感じた。(スピーカービューになっていたため)あー今日はもったいなかったなと思っています。

 

Hさん

今回の二日間でジブリッシュの深みに入ることができ、すごくうれしい。自分の変化も感じることができた。私の入り口はジブリッシュの効果を知りながらも、大嫌いでやりたくなところからの始まりで、こんなにアホになれた。このプロセスが私みたいな苦手、嫌いという人が確かにいて、その人たちの入り口をどこにもっていけるかを、私だからやっていけるかな、やりたいと思う。それぞれの道、展開があるということで、私の道を開拓していこうと思っていたら、雪が降っていた。なんと雪まで降らせてしまった。

 

Zさん(サポート役)

本日おりていきました。アホには努力はいらない。まず何をするかというと、握りしめている恥やプライドを手放すだけ。皆様のおかげです。

 

Sさん(サポート役)

この皆さんの仲間に入らせていただいたことは、今までいろんなグループに参加させていただいた中でも、意味がありました。自分の魂的な部分を共感していただいたり共感したり、言葉にできませんがそれが、うれしかった。うわぁっ来てじんわり体にしみました。有難うございました。

 

大久保信克

今回のメンバーがこういう人たちが来てくれるんだと、特別な何かを感じていました。こうやってある意味異常な幸福感、解放感を感じられました。(ふざけているのでなく)アホのパワーを皆さんから感じるし、奥にあるアホの温かみ、人間らしさ、命の美しさ、人間っていいなぁという、人間の本当のすばらしさを分かち合えてうれしく思います。

ジブリッシュが自分の想像を超えて、日々年々膨らんできている。これは人がいないとそうならない。受講してくださった人、縁ある人が、広めたり深めたりしてくださってどんどん開拓されていく。すごいなあ。僕一人でもいろいろな分野でやっていくけれど、皆さんのバックボーンや感性があるから届く分野や広がっていく世界があるから、本当に楽しみです。

 

終了後にいただいたメッセージからも、抜粋して紹介。

ジブリッシュプロフェッショナルコース4期の方、そして4期を支えてくださった皆様へ🌿
自分の潜在意識の中にある手放していいもの。
でもそれに氣づかないで毎日長年過ごしてきて、 ここにきて(!!!)
昨日のジブリッシュ講義ワークそして今日午前中の初め、チェックインからのトシさんひで姉さんのお話しで、 私の心は崩壊(いい意味で)涙が止まらなくなりました。

私の心のダム決壊🙌 私にも色々あったんだを思い出しました😂

ダム決壊あとは、 地面が湿り草花が咲くように~🌿
さわやかな氣もち💕 フリーダム🍀 私は自由だあ😄
自由なアホを極めよう♪♪♪ そう思いました笑😄

なんで私、 ひとりでバレエ踊ってレースのカーテンをチュチュがわりにして、 なにおもったんだろうって、 自分で自分がおかしくなりました笑😄 何も考えてなかった笑 不思議なエネルギー開花🎉

サワティさんの体験のお話しもリンクするところもあり、
この2日間はジブリッシュの奥深さと、 アホの学習をさせてもらいました笑笑😄

ちなみに、 西日本では「アホ」という2文字を言わないし聞かないです笑
言った記憶も言われた記憶もまわりで聞いた記憶もないです😄
関西の人たちは、 挨拶がわりのように使っていらっしゃるんですね笑

この2日間で「アホ」に慣れました😄
吃音やかんもくのある子どもたち、 障がいのある子どもたち、 それぞれに寄り添う親御さんたちと、
☆口から音を出すジブリッシュ
☆ボディパーカッションジブリッシュ
☆ボディランゲージジブリッシュ
☆ダンスジブリッシュ
☆ジブリッシュソング大合唱 等々、 企画したいなと想います💕

その時は、 皆さんどうかサポートフォローをよろしくお願いいたします😄
ありがとうございました🌿

「思い切って参加して、良かったぁ~」

今の自分でもできるかも・・・と思ったジブリッシュ。

但し、単独ではなく、介護体験のお話の中でのジブリッシュです。
やっぱり、参加して良かったぁ~。

ジブリッシュは、思った以上に素晴らしいパワーを持っていることに感動!
益々やりたくなりました。でも参加して見つけたのが、単独でも、オンラインで十分イケルことに気づき、ぜひやってみたいと思いました。 参加して、良かったぁ~!
講座の中身の思った以上に深かったこと。
これは、大きな発見でした。
それと思ったのが、お仲間の存在。
これが大きな刺激となり、右脳がイキイキ、ワクワク・・・。
参加して、本当によかったぁ~!
自分との闘いは、それは今も感じています。
ただ、二日目の今日のワークでジブリッシュで歌を歌った時、自分には珍しく、ふわ~とすべてが解放された気持ちに慣れました。
こんな気持ちは初めて・・・。 ちょっとは一皮むけた?
参加して、良かったぁ~!
のびーさん、ぜんちゃん、サワティーさんは勿論、同期の皆さんに、大感謝です。
これからもよろしくお願いいたしま~す。😍🤩🙃
ジブリッシュって何? それが知りたい!で参加の三期でした。
プロになる、人にお伝えする、そんなこと、全く考えていない。意味がない?其れに意味があるよ!と、グチやグチやの頭の中でした。
このままでは、ジブリッシュを間違えたまま、嫌いになりそう、だから4期に参加することにしました。
スケジュール的にかなり厳しいけど、きめました。
一日目、なんか掴めない! ですが、居心地は悪くないぞ!
参加者の皆さん、大変なんですね!凄い克服をされてきた!病と闘って、今がある❗️凄いです。
それだけでも、参加させて頂けたことに、感謝の気持ちが湧いてきました。
午後からは、前々から仕事で、参加できなくて申し訳なかったが、ギリギリまで、移動中も耳参加。
耳参加していると、皆様のことがなんとも分かりやすい。
一歩外部者だった。 皆んな、素晴らしい!皆様が家族のようにあったかく 近い❣️
二日目、不思議! 自然に受け入れられる。
素直に伝わってくる。 涙が溢れている。次のシーンが見えてくる。
そんな気持ちになり 分からない!と言うことを手放していました。アホ❣️💕あほ! 心地よい響きに聴こえていました。
そこには、笑い🤣が自然にあふれていました。カラダがふわふわと軽くて、スキップしていました。楽しかった。
あっと言う間に1日が終わりました。
そうか! 介護^_^鬱^_^、やれること、見えてきました。
ほっと、あったかいものをかんじ、笑いが溢れてきました。
ありがとうございます💕 ジブリッシュ、自然になれました。
おはようございます。 スッキリとした朝です。
アホの朝はこんなに清々しいのか🤣🤣
今、Facebook、ホームページなど直しながら、アホっていいなー と感じています。
いやー💦 現役時代は、きちんとしなくてはならなかったから、こんなに肩の力が抜けていいのか、抜いたらこんなに楽になるのか と、実感! この感覚を伝えなくてはねー! 特に過去の私のような真面目な人に! (これでも30年、真面目勤務してましたー笑)
とにかくこの講座で 変化、進化していいことを感じて、これからの可能性にワクワク💕しています。

他にも、今回は初の録画ビデオ受講をされている方がお二人いらして、これからのフォローアップに合流しながら一緒に進んでいきます。

そして、6月5日、6日は第5期をスタート!!(今回もオンラインでの実施)

このジブプロの活動の母体名を「ジブリッシュ・プロフェッショナルズ」という名称に定めましたが、本当に今、多様性溢れる方々が集ってきてくださっていて、おもしろいコミュニティになりつつあります。

この感想の中でも散々「アホ」という言葉が出てきますが、これも長年哲学的に深めてきました。
関西ではアホは褒め言葉としても使われることがあるのですが、アホという言葉は深いですね。本当に深い。

そして、みんな「アホになりたい」という思いを、人間は必ずどこかに持ていて。
実は人間の幸福感や、生きる原動力にそれがつながっていて。

こういうことの背景にまで思いを馳せたり、思考を深めていくことで、また気付きが訪れます。

何が言いたいかというと、

この講座は「アホなようで深い」ということです。

いや、「アホでありながら深い」かな。

5期の参加希望も受付はじめました。
こちらよりご確認ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA