笑いで世界が一つに!1st global Laughter Yoga Conferenceでの感動【ドイツvol.3】

笑いで世界が一つに!1st global Laughter Yoga Conferenceでの感動【ドイツvol.3】

感動しっ放しの6日間をついに終えました。

と、いきなり閉会式の所から書き始めていますがお許しください。

時間がかなりタイトで、なかなかゆっくりブログを書く時間がとれず・・・
時系列ではなく、感動したポイントごとに書き綴っていきたいと思います。

今回は「笑いで世界が一つに」なる感動!

この部分を。

閉会式での笑いを通しての祈りの様子。カタリア博士も、目に涙を浮かべるシーンが何度もありました。



この写真は、3日間のカンファレンスの最後締めくくりの様子です。

7大陸の代表がキャンドルを持ち、目を閉じて、音楽を聴きながら世界平和を祈りました。

とても美しい音楽に包まれながら、この場にいる喜びを感じると同時に、

世界中の、中々笑うことが難しい環境にいる人たちのことも頭に浮かんできます。

みんなが笑える時代を祈っているうちに、自然と涙がこみ上げてきます。







世界各国の人たちと一緒に笑いあえる。

それだけで嬉しくて、しあわせで、なぜか涙がこみ上げてくる。

そんな場面が何回もありました。

笑いを通じて平和を世界にもたらすこと

会場中がこの価値観が通じ合っていることをとても感じました。





だから、一緒に笑って、遊んで、踊って、歌って(喜びの4つの要素)・・・
それだけで繋がれて、通じ合えるのでしょう。

はじめて会った人同士でも、国境や言語を超えて、深くつながれる。

Laughter Yogaというムーブメントは、間違いなく、素晴らしい理念と共に世界中に広がっている!

そのことを心の底から感じることができました。



その反動か、プログラムが終わって一人になってから、珍しく寂しくなってしまいました。

いるだけで充実感を味わえる・・・そんな時間がずっと続いていたからだと思います。

こちらは開会式での各国紹介のシーン

現地で、たくさんの日本人の仲間と一緒に過ごせたことも最高の経験、時間でした。

ドイツ以外では最多となる30名近い日本人が集い、共に時間を過ごしました。

日本人ツアーを主催した宮田和華子さん、無償で通訳ボランティアをした森岡美智さんはじめ、協力してツアーをつくりあげてきた日本人みんなの連携プレーには心底感動です。

「記念の第1回だから日本人のみんなを連れていってあげたい!」
その思いをずっと聞いていました。
自分のことだけ考えていたら、絶対に実現しなかったツアーだったと思います。

今回のカンファレンスは100名以上のボランティアが力を合わせてつくりあげたそうですが、
日本人ツアーでも、たくさんのボランティアメンバーがいて一緒に作り上げていて、、本当に素晴らしいです!!

世界からも注目された大勢の日本人メンバー

世界に出るからこそ自国のことも味わえました。

島国で狭いのに人口は密集している。だから広げやすいんだなと(笑)

これはマスタートレーナーの会議に出てわかったことですが、
カナダやアメリカは家から家までの距離が遠いから、クラブ運営にしても集客にしても、
事情がかなり違っていました。

しかし、国が違っても、事情が違っても、どんなことがあっても一緒に笑える!!

やっぱり笑いは、世界の共通言語!!

この言葉では表現しきれない感動を、これからの活動につなげていきます。

世界中の、日本中の笑いヨガ(ラフターヨガ)を愛する皆さん、本当にありがとうございました!!



【追記】

キャンプファイヤーでのクラウドファンディングが目標金額に達成しました!!
様々な形でご支援いただいた皆様、ありがとございます!!

クラウドファンディングページ
https://camp-fire.jp/projects/status/30381


こうした形でたくさんの方々のご支援をいただいて
出版へと実際に向かっていけることを本当に嬉しく思っております。
改めて、心より感謝致します。
最後の締め切りまで、残り10日ほどあります。
しっかり最後までしっかり活動して、笑いの力を日本中、世界中に届けていきます!!
引き続きどうぞ宜しくお願い致します!!



【追記2】
ドイツ滞在中、各地でのイベント主催者の方々が精力的に動いてくださっています!
ご興味ある方は、ぜひこちらのイベント一覧ページをご覧ください。