朝日中高生新聞に掲載!「おもしろくなくても大爆笑」

朝日中高生新聞に掲載!「おもしろくなくても大爆笑」

先日5月28日、朝日中高生新聞に掲載いただきました。

記事のデータをいただけたので紹介させていただきます。




注目してくださった記者の中塚様、ご協力いただいた皆様、ありがとうございます。

子どもたちに届いていることを嬉しく思います。

ぜひお読みいただければ幸いです。



(追記)

全文、文字起こしが完了したため、下記に紹介させていただきます。





笑う門には健康来たる

健康効果が注目される「笑い」。声に出して笑う運動「ラフターヨガ」や、
でたらめな言葉を発して頭をすっきりさせる「ジブリッシュ」などを健康法として取り入れる人たちがいます。笑いを総合的に研究する学会もあります。

兵庫県西宮市の企業「笑い総研」は、ラフターヨガやジブリッシュの講座などを開いています。20日、神戸市で行われた講座を訪ねました。



でたらめ言葉で
「今からジブリッシュで世界一おもしろいジョークを言います」。
代表の大久保信克さん(28)が、でたらめな言葉を言い始めました。

「アマシャカ、イミネガー・・・・・」。
すると、受講者からは大爆笑が起きます。
おもしろくもないのに、なぜ?

「作り笑いでいいんです。それが、体と心を元気にします」と大久保さんは説明します。

ジブリッシュは、意味をなさない言葉を使い、表情や身振り、声のトーンでコミュニケーションを取ります。
「『今日は嫌な日だな』と愚痴をこぼすと、ネガティブな気持ちになります。でも、でたらめな言葉だと感情をはきだせてストレスを発散できます」

参加者の一人、中嶋壽雄さん(72)は「おもしろくもないのに笑うことには最初は抵抗がありましたが、いまは心から楽しく感じます」



日課で難病改善
山田珠美さん(45)は、体のだるみや痛みを伴う難病・全身性エリテマトーデスと闘っています。
「薬以外で症状の改善ができないかと、笑いの力に注目しました」。
数年前から、毎朝15分間笑う運動を開始。

症状がほとんど出なくなり、薬も3分の1ほどに減りました。
「考え方が前向きになり、病気にとらわれなくなりました」

大久保さんは2014年に、ラフターヨガが生まれたインドに行き、ジブリッシュを体験。
その魅力にひかれて昨年、笑い総研を設立しました。
「スマホなどで情報がたくさん飛び交い、ストレスが多い現代。
一瞬で思考を止める笑いの力は、より求められているように感じます」


2020年1月

1月18、19日(土日) 神戸市 東灘区 ラフターヨガリーダー養成講座(笑いヨガ) 詳細
1月23日(土日) 神奈川県 川崎市 笑ってジブっていちにーのさん(123) 詳細
1月25、26日(土日) 大阪府 能勢町 ジブリッシュリトリート 詳細

2020年2月

2月15、16日(土日) 神戸市 東灘区 ラフターヨガリーダー養成講座(笑いヨガ) 詳細