見えるものと、見えないもの。

見えるものと、見えないもの。

見える世界でも、見えていないものがある。
見えない世界でも、見えているものがある。

ふと立ち止まると、目に飛び込んでくるお花さんたち。


見えるも、見えないも、自分次第だなぁ。

笑顔も同じ。

笑顔を探していたら、笑顔が見える。
笑いを探していたら、笑いが出てくる。


あっ、こんなところにも。

ちなみにこれは、笑う門松。


正月に飾る門松の出荷が、兵庫県小野市垂井町の竹工芸専門店「小野竹工芸土井」で最盛期を迎えている。斜めに切った竹が人の笑顔に見えるのが特徴。5代目の土井賢一さん(68)は「3本が下から『ワッハッハ』となるように切り口の大きさを変える。笑いは福を呼ぶから」と遊び心を語る。

神戸新聞




どんなに小さい笑顔でも、気づける自分でありたいなぁ。