「笑い」や「ジブリッシュ」をやめられない理由

「笑い」や「ジブリッシュ」をやめられない理由

笑い ジブリッシュ
笑ったり、口から出まかせな言葉(ジブリッシュ)を話す。
これって元々、どんな人も成長過程で、無意識に本能からやっていたこと。
だから、全然特別なことではない。

しかし、大人がこれにしっかり取り組むと何かしら変化がある。
これは加える変化でなく、「減る」変化。

成長過程で社会で生き残るために、頑張って身につけてきたもの。
ある人は必死に、ある人は当たり前に身につけてきたもの。
もちろん、自分にもある。
それは、理性。

うまく使えてたらいいが、それが今、逆に生きる力を邪魔している場面に度々遭遇する。
これをはがしていく必要がある。
生きる力の根源は、もっと深いところにある。

本来の人間は、どんな生き方をしていたのだろう。
今、そこに思いを馳せて、再び還っていくことが必要な気がする。

人間にとっての自然は、赤ちゃん。
ありのままで、ちゃらんぽらん。人間本来の姿。
赤ちゃんがいるだけで癒され、しあわせになる。

この本能から感じる部分に、大切なことがある。
笑うことや、口から出まかせな言葉を話すことは、前頭葉、大脳新皮質の働きを弱める。

理性的な脳が、強制的に休まる。
そして、成長過程で失っていたものに気づく。
そして、子どものときのような、純粋な笑顔が現れる。

先日、その姿を、しっかり確認することができた。
大変な状況が目の前にあっても、少しずつでも継続することで変わる姿を、
目の前で確認することができて本当に嬉しかった。

辛かった毎日が辛くなくなり、
考えすぎていた毎日が考えすぎずにすむようになり、
嫌なことがあっても頭の中が支配されないようになり、
自然にコミュニケーションを取れるようになって、
あんなに自然に口から言葉が出てくるようになって、あんなに自然な笑顔が見れるなんて。

人生の美しさを見れた気がして、本当に嬉しかった。
こういうことがあるから、やめられない。

大久保信克