笑うことは、生きること。

笑うことは、生きること。

「笑うことは、生きること。」



あっはっはっはっはっは〜!

「はっ」という音は、いちばん息を吐すことができる。

実は、笑うことは、いちばん息を吐くことなんだ。



息を吐くということは、肺の中のいらない空気を出すこと。

たっぷり吐けば、あとは勝手に入ってくる。



息を吸うということは、酸素を取り入れること。

酸素がないと、人は生きていけない。

食事や水をとらずに生きている人はいても、

酸素をとらずに生きている人はいない。



息を吸うことは、生きることに欠かせないんだ。

生きるということは、息をすること。



あれ、言葉がそっくりだ。

「生きる」と、「息をする」。



息をすると、イキイキする。

全身の細胞に酸素が行き届いて、イキイキし出す。



赤ちゃんが生まれて、はじめにするのも息をすること。

「あぁーーーー」と息を出しながら生まれ、

最後は「すぅーーーっ」と、息を引き取る。



ここでも呼吸をしている。

日本語はおもしろいなぁ。



笑うことは、いちばん息をすること。

笑うことは、生きること。